探偵 ストーカー 調査

ストーカーにつきまとわれていないか調へ?る方法

ストーカー。
これはみなさんにとって、一番身近に起こりうる恐怖の対象ではないでしょうか?

 

基本的に警察は民事不介入ですし、相手にも社会的な立場があるんだからとタカをくくっていても、相手は異常な精神状態にあります。
そんな人間に常識を求めて何になるというのでしょう?
何かあってからでは遅いのです。

 

筆者も、以前交際していた男性が、自分の職を失った後にストーカー化し、筆者自身長年つとめた仕事を退職して、SNSも携帯もすべてアク禁と着信拒否にして、共通の友人とも連絡を絶ち、ひっそりと海外に逃げた経験があります。

 

言葉でいちいち説明するより、逃げたほうが賢明です。

 

まず、自分の家の中に、見慣れないコンセントや、電話の最中にノイズ音が混じったりしてないでしょうか?

 

こういった場合、高確率で盗聴器を仕掛けられています。

 

でも、最近は盗聴器よりも、インターネット関連のほうが怖いです。

 

メールアドレスのパスワードを知られて、自分の個人情報、それも通院履歴や生理周期など、人に知られたくないデリケートな話題をネット上に晒されるとか、そういう陰湿なアプローチを仕掛けてくる人が増えています。

 

正直
「これだったら勝手にアダルトグッズの買い物してくれたほうがまだマシ」
というレベルの個人情報漏洩もあります。

 

こういったものは、投げ捨てたり、データを消去したくなる気持ちもわかりますが、きちんと証拠を残しておきましょう。

 

証拠がないことには、警察はおろか、弁護士にも相談できませんので。

 

相手にバレずに証拠を取るならこちらを利用してみてはいかがでしょうか?

 

探偵 ランキング

探偵 比較